ゲスト紹介

mapu

クムフラ マプアナ・デ・シルバ

彼女が主宰するハーラウ・モーハラ・イリマはメリー・モナーク・フェスティバルに1979年から36年間、休まずに出場を続けている。故アンティー・マイキーの意思を受け継ぎ、内面の美しさを求める指導方針は多くのフラダンサーの見本になっており、化粧はなるべくせず、女性そのものの美しさを踊りでも表現する。メリー・モナークに提出するファクトシートは、詳細な調査のもと、文書化されハワイそのものの財産となっているといっても過言ではない。正しい知識と内面から磨かれたフラ全体の美しさ、それがハーラウ・モーハラ・イリマなのである。